皆さんは今既に医療業界において大規模なクラウド化が進んでいるのをご存知でしょうか。

医療クラウドと呼ばれるその数々のシステム群

医療クラウドと呼ばれるその数々のシステム群は、既に多くの医療現場において活用されています。

そもそもクラウドシステム自体がデータ管理やデータを遠隔地で共有するような状況での使用を想定して作られたものですので、そもそも汎用性が高いもの。

医療業界においても以前から医療クラウドを臨む声は多かったのです。

さて、今日の医療現場では既になくてはならないものとして、幾つかのシステムが稼働しています。

一つは電子カルテ。比較的安価に導入することが可能となっており、医療クラウドの中でも最も普及するのではないかと予想されています。

カルテを電子かすることで保管場所の省スペース化が可能となり、管理が容易になります。

続いて期待されているものとしては医療連携を主な目的とした遠隔画像診断システムの存在です。


クラウド化への流れは必然とも言えるのか

既に総合病院等を中心に、全病院のおよそ4%以上がこの画像管理サービスを使っています。

CTIやMRIで撮影した画像をそのままクラウド上で管理することができますので、遠くは慣れた場所においても共有することが簡単です。

クラウドを活用することで、医療に関する様々なデータを離れた場所でシェアすることができます。

このようにすることの一番のメリットは何でしょうか。

それは、地方の医療機関との連携や、患者さんへの細かやなサポートをより高度に可能とするということではないでしょうか。

医師不足や医療格差が叫ばれる昨今、クラウド化への流れは必然とも言えるのかもしれません。